• Hair Style Gallery
  • Staff
  • Recommend Menu
  • M3D
  • picodegiANDdigicurl
  • Zacro Peinter
  • Facial Esthetic
  • Kitsuke
  • WEB Coupon
  • Recruit
  • Information
  • Staff Blog
movie_ttl.gif movie_bnr.jpg

HOME > Staff Blog > ブログ > 感謝!

Staff Blog

< ハイブリッドトリートメントでサラツヤ!  |  一覧へ戻る  |  さり気ない インナーカラー >

感謝!



  IMG_20210827_175552_694_R.jpg


お客様から頂きました。

飾らせて頂いております、ありがとうございます!






    ( v^-゚)Thanks♪







カテゴリ:

< ハイブリッドトリートメントでサラツヤ!  |  一覧へ戻る  |  さり気ない インナーカラー >

同じカテゴリの記事

お出掛け前に、まずは・・・


来週から気温が低下し、過ごしやすくなるようです happy01

コロナ陽性者もかなり減って、GOTO も検討されているようで、

いよいよ 行楽シーズン到来! maple


長~い自粛生活を余儀なくされ、いざ出掛けようと・・・

ちょっと待つった~ 「あっ、髪が・・・」 shock

なんて事にならぬよう、まずは美容室にお出掛けください。

お待ちしております。 hairsalon


きれいな髪で出掛ける方がより楽しめるでしょう?! smile




 CIMG3664_R.PNG

 
CIMG3759_R.PNG

 
CIMG3783_R.PNG




 
  では、 ╰(*´︶`*)♡










なぜ秋口は抜け毛が多い?


秋口は、抜け毛が多くなるとよく云われますが、

原因は夏の疲れです。

夏の強い紫外線や熱、汗、皮脂などで、頭皮が疲れきっています。

また、冷たいものを多く摂取することで、血行が悪くなることも抜け毛の原因となります。


頭皮も顔や身体の肌同様、夏の間に受けたダメージが秋になって表面化します。

そして、寝不足、栄養不足、ストレスなどが加わると、一時的であるはずの秋の抜け毛が加速し、

頭皮を健康な状態に戻してあげないと、薄毛に繋がってしまう恐れがあります。


そのまま放置したり、合成界面活性剤が使用の洗浄力が強すぎシャンプーは、

頭皮に負担をかけてしまい、さらに悪化すことにも、

頭皮が不健康になりがちな秋は特に、アミノ酸系シャンプーでやさしく洗うことをおすすめします。




当店オリジナル100%天然成分の

 「プレミアムオイルシャンプー&トリートメント」

 
Premium Oil Shampoo_R.JPG  Premium Oil Treatment_R.JPG

        300ml   各 ¥3,040



アミノ酸系洗浄成分で、髪に負担をかけないやさしい洗い上がり。
アルガンオイル、バオバオオイル、シアオイル使用で、指通り良く、ベタつかない。
シリコンフリー、パラペン、エタノール合成香料不使用。
マンダリン果皮油配合で、爽やかな香り。
徳島、吉野川源流のきれいでミネラル豊富な水を使用しています。










緊急事態宣言の副作用?


やっと長かった緊急事態宣言が解除になりました。

ここ最近の陽性者数(TV では感染者)の激減は専門家といわれる方達も

説明がつかない程にありえない数値になった。


緊急事態宣言に何れ程の効果があったのか、一度も報告されていない、

そもそも緊急事態宣言って必要だったのかとさえ云われていますが


こんな動画を見つけましたので、シェアします。













さり気ない インナーカラー


シルバーのインナーカラーにしました。note

IMG_20210717_175058_056_R.jpg

ストレート
の状態では、ほとんど解らないが、

巻き髪にするとチラチラと見える程度に good






  (*´︶`*)ノ






ハイブリッドトリートメントでサラツヤ!


複数のトリートメントを組み合わせる事で、

髪に必要なタンパク質、脂質、水分をバランス良く配合され、

修復と髪質改善が、一度にできる ハイブリッドトリートメント!


特殊なミネラルにより髪の芯から修復し、

潤いのある艶とやわらかい質感で、サラサラツヤツヤ!!


  CIMG3840_R.JPG


  CIMG3666_R.PNG







       (o・・o)/  









このページのトップへ